読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローカル開発環境の構築を構築してみる

詰まったのでメモとして残しておきます。dotinstall.com
dotinstallのコンテンツの流れに従って、CentOSによって動くローカル開発環境(local server)を導入してみましょう。


VartualBoxの導入
Downloads – Oracle VM VirtualBox

Vagrantの導入
Vagrant

Vagrant立ち上げからssh接続まで

VagrantCentOSを立ち上げる
自分のディレクトリにMyVagrantディレクトリ、その中にcentosディレクトリを作る

cd
mkdir MyVagrant
cd MyVagrant
mkdir centos
cd centos

初期化を行う。Vagrantfileという名前のファイルが形成されていれば成功
vagrant init box名

vagrant init bento/centos-6.7
vagrant ls

vimで編集。IPアドレスの部分を有効化(コメントアウトを外す)

vi Vagrantfile

立ち上げ

vagrant up

ssh接続して、[vagrant@localhost ~]と出ればオーケー

vagrant ssh

いろいろインストールしてみる

gitをインストールする。
sudo [option]command : 指定したユーザーでコマンドを実行する。デフォルトではroot権限
yum [option] [command] [package] : パッケージを取得して、インストール、アップデートする。
Linuxコマンド集 - 【 sudo 】指定したユーザーでコマンドを実行する:ITpro
Linuxコマンド集 - 【 yum 】 パッケージを取得してインストール/アップデートをする:ITpro

sudo yum -y install git

scriptをダウンロードして実行する。めっちゃ時間かかった

git clone http://github.com/dotinstallres/centos65.git
./run.sh

再接続してみる

参考:Interaction Design Circle
MyVagrant/centosディレクトリ

vagrant up 起動
vagrant ssh 接続(起動していないときだとエラーになります)
vagrant suspend 保留する。再開がすぐにできるみたいです。RAMの消費も止まります
vagrant resume suspendから再開する場合に使用します。(Vagrant upでもOKみたいです)
vagrant halt シャットダウンします。再開には多少時間がかかります。

Cyberduckを導入してみる

centosでファイルをいじって、ブラウザで確認できるように
ファイル転送ツールであるCyberduckを導入してみます。
Cyberduck | Libre FTP, SFTP, WebDAV, S3 & OpenStack Swift browser for Mac and Windows

[Open Connection]
プロトコル => SFTP (SSH File Transfer Protocol)
server => IPアドレス 

ip a //IPアドレスを調べる 

Username : vagrant
Password : vagrant
Path : /var/www/html
f:id:uraway:20151101115729j:plain

デフォルトのエディタをAtomにしてみた。.phpを作ってテストしてみる
f:id:uraway:20151101131503p:plain
f:id:uraway:20151101133530p:plain
保存して、ブラウザで
IPアドレス/ファイル名に接続
http://192.168.33.10/index.php
表示されれば成功!phpファイルをブラウザから確認することができました
f:id:uraway:20151101133713p:plain