読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Is blue wavelength light harmful? ブルーライトってどうなの? ー海外の記事から

参考:

Blocking Blue Light Helps Sleep? | Psychology Today

Blue light has a dark side - Harvard Health

ブルーライトって、実際のところ何者でどう目に影響があって、どうすればその影響を減らせるんでしょうか。気になったんでさっと調べてみました。 以下、海外の記事から簡単にまとめています。

人工の光が与える影響

日が沈んだ後に強い光を浴びるのは、生物にとって悪い影響があります。体内時計を狂わせ、睡眠障害を引き起こし、果てはガンや鬱、糖尿病、心臓病といった深刻な病気を引き起こします。最近の研究では、特にディスプレイや電球のLED光に多く含まれるブルーライトと呼ばれる光線が体内時計に影響を及ぼすということがわかってきたのです。

対策は?

高品質のブルーライトカット眼鏡は有用ですが、必須ではありません。身近なところに改善点はあります。

  • 寝室の電球は、廊下や浴室のようなLEDではなく、温かみのある赤色のライトにしましょう。もし、夜中につけておくなら常夜灯にしましょう。

  • 昼間は積極的に日光あるいは人工灯を浴びるようにしましょう。体内時計を正確に保ちます。昼間の仕事の効率を上げますし、夜、寝つきも良くなるでしょう。

  • ベッドに入る1〜2時間前には、人工灯をなるべく浴びないようにしましょう。何も真っ暗な部屋にただぼーっと座っていろというのではありません。人工灯を制限することを考え始めておきましょう。調節されたランプの光で読書しておくぐらいがいいでしょう。

とりあえず今日から、スマートフォンはベッドに持ち込まないようにしよう。そうしよう。

https://scrum-images.s3.amazonaws.com/uploads/photo/image/526/614502b6-b1ae-4b6b-b247-420ae357d842.jpg