読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webpack, React Hot Loader + Browsersync でクロスブラウジング+ホットリロード開発

開発環境 webpack Browsersync React

React Hot Loader + Browsersync

React Hot Loader を使えば、エディタを保存した時点で、React コンポーネントの変更が検知され、ブラウザの更新が自動で行われます。さらに、React Hot Loader はHotModuleReplacementPlugin(HMR) を使用しているため、更新時にページの全読み込みが発生せず、state が保持されたまま React コンポーネントの変更した箇所のみが部分更新されるため、いちいち手動でブラウザをリロードする手間が省けることに加え、チェック毎に state を変える必要がなくなります。

通常はデベロップメントサーバーに webpack-dev-server を使うことで、このホットリローディング機能を使うことができるのですが、今回は Browsersync を使って、クロスブラウジングとさらなるホットリローディングの強化を目指します。Browsersync は、ファイル群の変更を監視して、ブラウザを自動で全読み込みしてくれます。また、他のデバイスからもブラウジングができる、クロスブラウジングを可能にしてくれます。これと、React Hot Loader を使えば、快適に React フロントエンドが開発できるようになります。

まとめると、次のようになります。

  • React Hot Loader : React コンポーネントの変更を監視し、変更があれば最小限のページ更新を行う。

  • Browsersync : js ファイル以外のファイルの変更を監視し、変更があればページの全読み込みを行う。クロスブラウジングを可能にする。

導入

まずは必要な物をインストールします。package.json は次のようになります。

"dependencies": {
  "react": "^0.13.3",
  "react-dom": "^0.14.7"
},
"devDependencies": {
  "babel-core": "^5.8.38",
  "babel-loader": "^5.4.0",
  "browser-sync": "^2.11.2",
  "react-hot-loader": "^1.3.0",
  "webpack": "^1.12.14",
  "webpack-dev-middleware": "^1.5.1",
  "webpack-hot-middleware": "^2.10.0"
}

通常の React Hot Loader に必要なライブラリに加えて Browsersyncwebpack-hot-middlewarewebpack-dev-middleware の ふたつのミドルウェアをインストールしておきます。webpack のホットリローディングは webpack-dev-middleware がファイル変更イベントを検知して webpack-dev-server に送信することで可能になりますが、 webpack-hot-middleware を合わせて使うことで、その他のデベロップメントサーバーにイベントを送信して、自動でブラウザをリロードさせることができます。

webpack config

プロジェクトファイルの構成:

|___app/
|     |___main.jsx
|___dist/
|     |___css/
|     |___index.html
|___server.js
|___webpack.config.js

まずは webpack.config.js を編集します。

下記は React Hot Loader での webpack.config.js です。

// React Hot Loader
var webpack = require('webpack');
var path = require('path');

module.exports = {
  debug: true,
  devtool: '#eval-source-map',

  entry: [
    'webpack-dev-server/client?http://localhost:3000',
    'webpack/hot/only-dev-server',
    './app/main.jsx'
  ],

  output: {
    path: path.join(__dirname, 'dist'),
    publicPath: '/',
    filename: 'bundle.js'
  },

  plugins: [
    new webpack.HotModuleReplacementPlugin(),
  ],

  module: {
    loaders: [
      { test: /\.jsx?$/, exclude: /node_modules/, loaders: ['react-hot', 'babel'] }
    ]
  }
};

ここに、プラグインを2つ加えます。

plugins: [
    // Webpack 1.0
    new webpack.optimize.OccurenceOrderPlugin(),
    // Webpack 2.0 fixed this mispelling
    // new webpack.optimize.OccurrenceOrderPlugin(),
    new webpack.HotModuleReplacementPlugin(),
    new webpack.NoErrorsPlugin()
]

また、webpack-hot-middleware/client をエントリーポイントに設定します。

したがって、webpack.config.js ファイルは次のようになります。

var webpack = require('webpack');
var path = require('path');

module.exports = {
  debug: true,
  devtool: '#eval-source-map',

  entry: [
    'webpack/hot/dev-server',
    'webpack-hot-middleware/client',
    './app/main.jsx'
  ],

  output: {
    path: path.join(__dirname, 'dist'),
    publicPath: '/',
    filename: 'bundle.js'
  },

  plugins: [
    new webpack.optimize.OccurenceOrderPlugin(),
    new webpack.HotModuleReplacementPlugin(),
    new webpack.NoErrorsPlugin()
  ],

  module: {
    loaders: [
      { test: /\.jsx?$/, exclude: /node_modules/, loaders: ['react-hot', 'babel'] }
    ]
  }
};

Browsersync

サーバーに、ミドルウェアを加えます。Browsersync を実行する server.js ファイルは次のようになります。

/**
 * Require Browsersync along with webpack and middleware for it
 */
var browserSync = require('browser-sync');
var webpack = require('webpack');
var webpackDevMiddleware = require('webpack-dev-middleware');
var webpackHotMiddleware = require('webpack-hot-middleware');

var webpackConfig = require('./webpack.config');
var bundler = webpack(webpackConfig);

browserSync({
    server: {
      baseDir: 'dist',

      middleware: [
        webpackDevMiddleware(bundler, {
          publicPath: webpackConfig.output.publicPath,
          stats: { colors: true }
          // http://webpack.github.io/docs/webpack-dev-middleware.html
        }),

        webpackHotMiddleware(bundler)
      ]
    },

    files: [
      'dist/css/*.css',
      'dist/*.html'
    ]
});
  • baseDir: サーバーのベースとなるディレクトリ。
  • middleware: 使用するミドルウェア。devMiddlewareではpublicPathの指定が必須となります。
  • files: Browsersync が変更を監視するファイル群。変更がなされると、ページ全体をリロードします。js ファイル群の監視は webpack に任せるので、ここに記述する必要はありません。

クロスブラウジング

次のコマンドで、サーバーが立ち上がります。

node server.js

同時に、次のような URL が表示されます。

[BS] Access URLs:
 ------------------------------------
       Local: http://localhost:3000
    External: http://{PCのIPアドレス}:3000
 ------------------------------------
          UI: http://localhost:3001
 UI External: http://{PCのIPアドレス}:3001
 ------------------------------------

この URL に繋げば、同じネットワークに接続している他のデバイスからも、ブラウジングすることができます。
モバイルデバイスからの UI や UX のチェックに便利です。

ソースコード