読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Processing のエディタとして Atom を使う

Processing Atom Java

Processing のコーディングを快適にするために、Atom を使ってみる。

Processing とは

ビジュアルアートを学ぶためのオープンソースのプログラミング言語であり、開発環境。Java でビルドされており、その構文は Java をシンプルにしたもの。

エディタも備わっているが、より快適にコーディングするために、Atom に Processing 用のパッケージを導入してみる。

インストールするパッケージ一覧

これらのパッケージをインストールする。

$ apm install processing processing-autocomplete processing-language

Processing の導入

まずは、こちらから Processing の開発環境をダウンロード。

Processingを立ち上げて、Toolsメニューからprocessing-java をインストールする。

which コマンドでパスを確認し、

$ which processing-java
/usr/local/bin/processing-java

processing の実行パスに設定する

実際に使ってみる

.pde ファイルを作成し、コーディングする。

ctrl-alt-b コマンドでビルドされれば、成功。