読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Atomのパッケージを作る(2)

uraway.hatenablog.com

続き。

生成されたコードを理解する

libディレクトリにはロジックを扱うメインのwordcount.coffeeファイルと、UIエレメントを扱うビュー(View)クラスのwordcount-view.coffeeファイルがある。
後者のファイルをまずは見てみよう。

module.exports =
class WordcountView
  constructor: (serializedState) ->
    # Create root element
    @element = document.createElement('div')
    @element.classList.add('wordcount')

    # Create message element
    message = document.createElement('div')
    message.textContent = "The Wordcount package is Alive! It's ALIVE!"
    message.classList.add('message')
    @element.appendChild(message)

  # Returns an object that can be retrieved when package is activated
  serialize: ->

  # Tear down any state and detach
  destroy: ->
    @element.remove()

  getElement: ->
    @element

基本的にここで行われていることとしては、Viewクラスが生成された時、シンプルなdivエレメントが作られ、wordcountクラスがそのエレメントに加えられる。そして、"Wordcount package is Alive"テクストがそこに加えられる。divを返すgetElementメソッドもある。serializedestroyメソッドは何も行わず、ここでは気にする必要はない。

ベーシックなブラウザDOMメソッドを簡単にではあるが使っていることに注意。(ie, createElement(), appendChild
次にメインのファイルを見てみよう。

WordcountView = require './wordcount-view'
{CompositeDisposable} = require 'atom'

module.exports = Wordcount =
  wordcountView: null
  modalPanel: null
  subscriptions: null

  activate: (state) ->
    @wordcountView = new WordcountView(state.wordcountViewState)
    @modalPanel = atom.workspace.addModalPanel(item: @wordcountView.getElement(), visible: false)

    # Events subscribed to in atom's system can be easily cleaned up with a CompositeDisposable
    @subscriptions = new CompositeDisposable

    # Register command that toggles this view
    @subscriptions.add atom.commands.add 'atom-workspace',
      'wordcount:toggle': => @toggle()

  deactivate: ->
    @modalPanel.destroy()
    @subscriptions.dispose()
    @wordcountView.destroy()

  serialize: ->
    wordcountViewState: @wordcountView.serialize()

  toggle: ->
    console.log 'Wordcount was toggled!'

    if @modalPanel.isVisible()
      @modalPanel.hide()
    else
      @modalPanel.show()

まず最初に、4つのメソッドを定義していることがわかる。必須なのはactivateメソッドだけだ。deactivateserializeメソッドAtomによって実行されるが、任意のメソッドである。toggleメソッドAtomが実行するメソッドではないため、どこかで呼び出しをしなければならないが、すでにpackage.jsonファイルのactivationCommandsセクションで行っている。
activateコマンドはいくつかのことを行っている。ひとつはAtom起動時に自動的に呼び出されるのではなく、package.jsonファイルで定義されたactivationCommandsのひとつが実行された時に初めて呼び出される。つまりactivateは最初にtoggleコマンドが実行された時に呼び出される。
このメソッドはふたつのことを行う。ひとつはViewクラスのインスタンスを生成し、生成したエレメントを非表示のモーダルパネルに加える。

@wordcountView = new WordcountView(state.wordcountViewState)
@modalPanel = atom.workspace.addModalPanel(
                  item: @wordcountView.getElement(),
                  visible: false
              )

もうひとつは、CompositeDisposableクラスのインスタンスを作る。それによって、このプラグインによって呼び出されるコマンド全てを登録し、他のプラグインがこれらのイベントに登録することが可能になる。

#つまり、Atomがプラグインのコマンド全てをこのクラスのインスタンスとして管理しているということ?(調査中)
# Events subscribed to in atom's system can be easily cleaned up with a CompositeDisposable
@subscriptions = new CompositeDisposable

# Register command that toggles this view
@subscriptions.add atom.commands.add 'atom-workspace', 'wordcount:toggle': => @toggle()

toggleメソッドはシンプルにactivateメソッドで作られたモーダルパネルの表示/非表示を切り変える。

toggle: ->
  console.log 'Wordcount was toggled!'

  if @modalPanel.isVisible()
    @modalPanel.hide()
  else
    @modalPanel.show()

このパッケージのフロー

  • Atomが起動する
  • Atomがpackage.jsonを読む
  • Atomがkeymaps, menus, mainfileを読む
  • ユーザーがパッケージのコマンドを実行する
  • Atomがactivateメソッドを実行する
    • divを作るWordCount viewを生成
    • divを非表示のモーダルに渡す
  • Atomがパッケージのコマンドを処理する
    • モーダルが非表示なら表示する
  • ユーザーがパッケージのコマンドを再度実行する
  • Atomがパッケージのコマンドを処理する
    • モーダルが表示なら非表示にする
  • Atomをシャットダウンする

続く...